Home > C'est La Vie > 学校

学校

December 22nd, 2008
湖南科技大学凶杀案

看看此贴提到的几个地方:
学 生租的房子是教职工楼——老师的房子;情侣半夜在校园卿卿我我——还是社会青年;几个学生喝完酒半夜回去——现在宿舍不关门了么;看到情侣还去招惹一把 ——谁知道几个酒鬼都干了什么事;校外青年电话call人——都过了12点了学校还可以随便进出;砍人半天都没受打扰——保卫科看来是不存在了;逃跑的同 学40多分钟后才回来——没有去求援。

最后,是学校那无关痛痒的通告,好像学校里的事与他们无关。这样的校领导,出现这样的学生和这样的保卫科,还有这样的社会青年来做客,一切都顺理成章了。

C'est La Vie ,

  1. August 10th, 2016 at 12:55 | #1

    不登校は子供にとっては極めてきつい問題です。ご自身の子が学校に行かなくなると母親や父親、家族は責めたり、わけがわからなくなって戸惑ったりしてしまいますが、それ以上に困惑しているのは不登校になってしまった子ども本人です。病気で頭が痛いという症状があるように、何か理由があって、その結果不登校という症状がなっているのですから、何で学校に行かないの?と責めても子どもも何故かわからないので答えがありません。病人に何で熱が高いのか?と聞くようなものです。ちゃんと学校へ行け、勉強しろ、などと言うのもよくありません。病人に、立て、と要求しているのと同じだからです。

  2. October 15th, 2016 at 19:15 | #2

    There are certainly a number of particulars like that to take into consideration. That is a great point to deliver up. I offer the thoughts above as general inspiration however clearly there are questions just like the one you convey up where an important thing shall be working in trustworthy good faith. I don?t know if finest practices have emerged around things like that, however I am sure that your job is clearly recognized as a good game. Each boys and girls feel the influence of only a moment’s pleasure, for the rest of their lives.

  1. No trackbacks yet.